• 2018.7.21
  • 立山の雄山登山 はコメントを受け付けていません。

立山の雄山登山

富山県になる立山の雄山に登ってきました。この記事では、雄山までのアクセスや歩き方などを紹介します。

雄山登山って?

立山黒部アルペンルートの登山コースの1つです。公式サイトでは、「立山登拝道コース」難易度(★★★★)と紹介されています。

室堂ターミナルから、一ノ越を通り、雄山山頂へ向かいます。

雄山頂上には、雄山神社峰本社があり、参拝料を払うとお祓いをうけることができます。

交通アクセス

雄山を登るには、室堂ターミナルまで行く必要があります。

まずは、立山駅(富山側)or扇沢駅(長野側)まで向い、そこからは乗り物(ケーブルカー、バス、トロリーバス、ロープウェイ)を乗り継いでいきます。

各駅で切符は購入できますが、最初に往復を購入しておいたほうがいいですよ。また、WEb予約もできるようなので、混雑時に訪れる方は、Web購入をお勧めします。

車で来る場合も、立山駅&扇沢駅までしか乗り入れできません。駅の駐車場に停め、バス等で移動しましょう。
※2018.7.21時点

私は、3連休の中日に長野県側(扇沢駅)から行ったのですが、朝7:35分頃着き、すでに無料駐車場&有料駐車場共に満車…約15分ほど渋滞の列を待ち、臨時駐車場(普通に道路に止めただけ)に停められることになりました。

偶然満車になったばかりだったようで、駅の近くに停められたため助かりましたが、7:50分頃、駅に向かうと切符売り場にも長い列ができていました。30分並んで、なんとか8:30分のトロリーバスに乗ることができましたが、7台のバスにも行列ができていて満車で立って乗車しました。

営業期間と入場料

2018年は、4月15日から11月30日まで営業しています。

登山自体にはお金はかかりませんが、交通アクセスに書いたように移動にお金がかかります。バスの始発はだいたい6:00-8:00の間、室堂ターミナルからの最終はだいたい15:00-17:30の間です。季節によって時間が変わるので、事前に公式サイトでチェックしておいてください。最終バスに乗り遅れないように気を付けましょう!

ちなみに、15:45分頃に山から室堂ターミナルに戻ってきたのですが、立山方面のバスにはすごい長い行列ができていました。室堂ターミナルでは、扇沢方面は、混んでいませんでした。ただ、ロープウェイ(ほとんど座るところなし)やケーブルカーは定員人数が限られているので、座りたい場合は早めに並ぶ必要があります。また、黒部ダムから扇沢に向かうトロリーバスはとても混んでいました。こちらも、座りたい場合は、黒部湖のケーブルカーを降りたあと、急いで黒部ダムに移動したほうがいいです。

歩き方は?

室堂ターミナルの建物を出て(階段を上っていきます)、右手に行くと雄山へ。左手に行くと、みくりが池の方へ行けます。

私たちは時間がなかったので、みくりが池は1周せずに少しだけ見て、雄山へ向かいました。血の池というのもあったようで、見れなかったのが残念です。

室堂平広場の前を通り、頂上を目指します。

<みくりが池>

<頂上までの道のり>

室堂ターミナルからみくりが池の前を通って、一の越山荘(2,700m)まで約65分かかりました。途中数回休憩もしています。私のペースで進んでいるので、結構ゆっくりペースだと思います。標高が高いため心配でしたが、ゆっくり歩いていたせいか少しの頭痛ですみました。念のため、酸素スプレーを用意しておいたほうがいいと思います。

一の越山荘までは、雪がとけている場所は舗装されているため、割と歩きやすいですが、雪がとけていない場所はとても滑るので注意してください。登山ストックや登山靴が必須です。ちなみに夫は普通のスニーカーを履いていたため、雪が靴の中に入って濡れてしまったり、私以上に雪の上で滑ったりしていました。
<舗装された道>

<雪道>

一の越山荘から頂上にかけて、より急な登りになるので、ここでも登山ストックと登山靴が必要になります。一部の箇所では、両手で岩につかまりながら登ったりしました。

一の越山荘から頂上までは、約70分くらいかかりました。
<一の越山荘から見た雄山(3,003m)>

<頂上までの道>

<途中の休憩場所>

<雄山神社峰本社>

下山には、約95分くらいかかりました。ほぼ休憩なしで急いで下山してきました。もっと上でゆっくりしたかったですし休憩しながら下りたかったのですが、扇沢行きの最終バスの時間が迫っていたので、急ぐしかありませんでした。

普段運動していない主婦が頑張って登ると、往復約4時間かかることになります。時間に余裕をもって早い時間から登ることをお勧めします。

お土産

各駅に売店があり、お土産もたくさん売っています。

トイレはある?

各駅にトイレがあります。一の越山荘にもトイレがありました。トイレにはあまり困ることはなさそうです。

必要なものは?

実際に登ってみて必要だと思ったもののまとめです。
登山靴
登山ストック
軍手
酸素スプレー
サングラス 
日焼け止め
帽子
首に巻くタオル
食べ物
飲み物
着替え

登山靴は必須です。登山ストックなしでもなんとか登れましたが、とてもきつかったですし、雪がもっと多かったら登山ストックがないと厳しかったと思います。岩を持ちながら登っていく箇所があるので、軍手もあったほうがいいです。

酸素スプレーは標高が高いので、高山病予防にもっていきましょう。サングラスは日差しが強い(特に雪の上)ので、無いと目が痛くなってしまいます。

日焼け対策グッズも重要です。帽子を被らないと、頭が焼けてしまいます!私は、帽子を被り、首にタオルを巻き、数時間ごとに日焼け止めを塗りなおしていました。

女性の方は、化粧もしていったほうがいいです。日焼け対策になります。汗でとれてきてしまうのですが、途中で1回クリームタイプのファンデーションを塗りなおしました。日焼け止め感覚なんで、綺麗さはもとめてないので、ひどい状態だったかも!?でも、帽子もかぶってるし、それ以前に必死で登っているし、誰もちゃんと顔なんか見てないと思います。頂上ではクレンジングシートでアイメイク以外落とし、お泊り用の化粧水や美容液をつけ、日焼け止めをつけ、クリームタイプのファンデーションを塗りなおしました。この日焼け対策のおかげでほとんど焼けないですみましたよ!でも、耳だけ赤くなってしまいました。帽子から耳は出てたし、そこまで気が回らず日焼け止めを塗っていませんでした…

食べ物は途中で疲れてくるし、お腹もすいてくるので、甘いものやおにぎりなどをもっていくといいと思います。飲み物はもちろん必要ですよね。一の越山荘でも購入できましたが、高かったです。普通の2倍以上はした気がします。

汗もたくさんかくので、着替えは上2枚はもっていったほうがいいと思います。

最後に

室堂ターミナルに着くまでが大変かもしれません。朝早く行っても、駐車場や駅が混んでいる場合があります。

移動や登山にも予想以上に時間がかかったりするので、ぜひ時間に余裕を持って行動してください。

雄山登山に挑戦する方で、普段運動をしない方は、1週間ぐらい前から簡単な運動をすることをお勧めします!私は、事前運動ゼロでなんとか登ることができましたが、とっっても大変でした。下山では、途中膝が笑ってしまい、帰れないかも…と本気で思ったので!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る