• 2018.7.7
  • テクノロジ系:2進数について はコメントを受け付けていません。

テクノロジ系:2進数について

ITパスポートの勉強では、まずはじめに2進数という厄介そうなものが出てきます。

正直、数字アレルギーの私が2進数いうの数字が羅列されたおそろしいモノと戦うなんて…。っなんて思ってましたが、覚えてしまえばなんとかなりました。今回は、2進数についての内容を私なりにまとめてみました。

2進数とは

2進数はの2種類の数字の組み合わることによって表現する方式です。ちなみに、普段私たちが使っている10種類の数字を組み合わせて表現している方式は10進数といいます。

2進数と10進数の表現を比較すると、以下のようになります。

このような明らかに私たち人間の視点で 分かりづらいような表現方法が存在する理由は、コンピュータの内部において、電気を流す 、流さないなど、あらゆることを2つ状態で制御しており、コンピュータにとって一番適した表現方法とのことです。

ITパスポート対策ポイント

ITパスポートでは、2進数に関して、2進数から10進数への変換10進数から2進数への変換がよく問われています。私が非常につまづいたポイントなので、ピックアップして内容の整理をしました。

– 2進数から10進数への変換

2進数を10進数へ変換する場合、整数部は下位の桁から順番に0乗、1乗、2乗…というように乗算を行い、小数部は 上位の桁から順に-1乗、-2乗の乗算を行います。そして、乗算した結果を全て足すことで、2進数から 10進数へ変換することができます。

整数部のみ、小数部が含まれる2進数の変換例を挙げると以下のようになります。

– 10進数から2進数への変換

10進数を2進数に変換する場合、整数部と小数部で求め方がかなり異なるので注意です。整数部に関しては、変換対象の数値を2で割って続け、商と余りを算出します。 そして、算出した余りを下から順に抜き取っていくと…変換されます。 一方で、小数部に関しては、変換対象の数値の小数部を2で掛け続け、ゼロになるまで繰り返し、 積の整数部を上から抜き取っていくと…変換されます。

こちらも整数部のみ、小数部が含まれる2進数の変換例を挙げると以下のようになります。

最後に

10進数から2進数への変換は多少難しいですが、変換方法を覚えてしまえば、数字アレルギーでもなんとかなりそうです!(笑

このテーマは、ネットワークの分野においても変換が必要になってくるとのことなので、しっかりと身につけておくべきです。とにかく、毎日コツコツと変換を繰り返して、慣れることが大事なのかなぁと思っています。

2進数の勉強をしていて、ふと疑問におもったんですが、なぜ10進数が一般的になったのだろう。手で数えられるからなのかなぁ。。。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る