• 2018.6.28
  • 排卵日予測検査薬の使い方※画像付き はコメントを受け付けていません。

排卵日予測検査薬の使い方※画像付き

※排卵日予測検査薬の画像を載せています。

初めて自分で排卵日予測検査薬を使うことになりました。ここでは、排卵日予約検査薬の使い方や、タイミングの取り方などを書いていきます。

排卵日予測検査薬の種類と購入場所

尿をかけ、テストラインとコントロールラインが2本またはコントロールラインが1本でてくるものが主流だと思います。これらの検査薬の場合、自分でラインの本数や濃さを確認し、陽性か陰性か判断します。

中には、デジタル排卵日予測検査薬もあり、陽性か陰性か検査薬が判断してくれるものもありますよ。デジタルと言えば、何回も使用できると思っていたのですが、薬局で見せてもらったものは数回しか使用できないものでした。

検査薬は薬局やインターネットで購入できます。

ただ、薬局で購入する場合、薬剤師さんと直接面と向かって話さなければいけません。これが結構気まずいときがあります。その上、月経1周期で何本も使用することになるので、ネット購入がお勧めです。

私は日本で簡単に購入できるものを使用しています。その場合、5本入りよりも、10本12本入りのものをお勧めします。

何日目から使用すればいいの?

排卵日予約検査薬は、LHサージをとらえる検査薬です。LHサージがおこってから、排卵がおこると知られています。

LHサージ開始後どのくらいで排卵するのか調べてみると、下記の時間で排卵するという記載をみつけました。

  • 24-36時間後
  • 40時間以内
  • 40-48時間以内

結構、ばらつきがありますよね。しかも、LHサージが開始してからの時間です。

LHサージピークからは、もっと早い時間で排卵することになりますよね。ということは、検査薬を使用した初日に陽性になってしまった場合、すぐにでもタイミングをとらないといけないということになってしまいます。

さらに、血中LHサージと尿中のLHサージには数時間の遅れがあるという記載もみつけました。また、尿も数時間溜めたものを使用するため、そこでも数時間の遅れが出るかと思います。

このようなことから、排卵日を特定するには、排卵日前から検査を開始することが必要になってきます。私が使用したチェックワンでは、自分の月経周期を把握し、次回の月経開始予定日の17日前から検査を開始するように記載がありました。つまり排卵予定日の3日ほど前からになりますね。

1日1回毎日ほぼおなじゃい時間帯に検査をする必要があります。ただ、1日1回では、LHサージを逃してしまう可能性があります。より確実に検査を行いたい場合は、1日2回or3回と回数を増やして行うとよいと思います。

タイミングの取り方は?

検査薬が陽性になったら、なるべく早い段階でタイミングをとる必要があります。

ただ、精子の移動時間や卵子の受精可能時間を考えると、LHサージのピークを待ってタイミングをとるよりも、検査薬が陽性になるよりも前にタイミングをとることをおすすめします。

アナログの検査薬では、テストラインが全く反応しなかったり、少し薄く出る場合があります。個人差があると思うので一概にはいえませんが、テストラインが薄く出始めたら、タイミングをとりはじめるのが理想なのかなと思います。

アナログの検査薬は、陽性を判断するのが少し難しい場合がありますが、デジタルよりもタイミングをとりやすいと個人的には思っています。

実際の使用例

病院で1日1回、朝起きてすぐの尿で検査するように言われました。朝一番の尿だと尿が濃すぎて擬陽性が出る場合があるからNGだという記事をいくつかみましたが、不妊治療中のクリニックで言われた通りに朝起きた直後の尿で検査しました。

私が使用したチェックワンの説明書にも、朝起きてすぐの尿は使用できないとの記載はなかったし、検査前4時間程度はできるだけ排尿しないでくださいと書かれていました。私は普段頻繁にトイレに行くので、朝起きて検査するのがちょうどいいような気もします。

さて、排卵予定日の3日ほど前から検査薬を使用するようにと説明書には記載がありましたが、私は自分の月経周期がまったく把握できていません。そのため、不妊治療をしています。クロミッドを飲み、超音波で19.5mmまで卵胞が大きくなっているのを不妊治療中のクリニックで確認してもらい、翌日から排卵日予測検査薬を使用するように言われました。

クロミッドを服用した場合、24mmぐらいにならないと排卵しないとのことで、ここ数日1日2mmほど成長していることから2日後か3日後くらいに排卵するのではないかとの見立てでした。そして、4日たっても陽性が出ない場合は、4日後にクリニックへ行き、強制的に排卵させることになっています。

 

チェックワンの判定方法

 

排卵日予測検査薬使用1日目

結果は陰性でした。左側の線が、右側より結構薄いので、陰性だと判断しました。初めて自分で使用しましたが、妊娠検査薬より判定に時間がかかる気がします。

妊娠検査薬のときは、右側の線だけがすぐに出て何度もがっかりしていました。

今回は陰性でしたが、薄い線(左側のテストライン)が出てるのでやはりもうすぐ排卵するんだと思います。

大きさも20mm~21.5mmぐらいのはずですし、そろそろタイミングをとりはじめます。

 

排卵日予測検査薬使用2日目


昨日とほぼ同時刻に検査しました。結果は陰性です。昨日よりもテストラインが薄くなったような気もします。

 

排卵日予測検査薬使用3日目


昨日より、1時間ほど早い時間に検査しました。

今日も陰性でした。

左側のテストライン、右側のコントロールライン共に、昨日より薄くなっている気がします。

今日はもしかしたら、尿の量が少なかったかもしれません。なんだか雲行きが怪しくなってきました。

明日、LHサージが検出されなければ、明日中に病院へ行かなければいきません。

一応、今日もタイミングをとりました。排卵がおこってくれるかはわかりませんが、2日に1日タイミングをとれば間違いないかなと思います。

 

排卵日予測検査薬使用4日目

陽性でした!朝起きて、昨日とほぼ同時刻に検査しました。

今回はいつもと違って、テストラインが先に反応しました。テストラインを通過するときに、反応していた感じでした。

濃さも、今までと全然違い、テストラインの方が明らかに濃かったので、はっきりと陽性だとわかりました。チェックワンは40mIU/mL以上で反応するそうです。

この濃さだと、LHサージが開始してから結構たっているかもしれません。ピークに向かって上がっているのか、今がピークなのか、終わりに向かっているのかこれだけではわかりませんが、今日もなるべく早い時間に頑張ってタイミングをとりたいです。

 

排卵日予測検査薬使用5日目

昨日陽性が出ましたが、一応、今日の朝も検査してみました。陰性でした。やはり、LHサージ40mIU/mL以上はそんなに持続しないようですね。この結果をみると、LHサージを逃すことも十分にありえるなと思います。できれば、1日2回以上は検査した方が確実なのかもしれません。

最後に

LHサージは人によって濃度や持続時間が違うということがわかりました。確実に排卵のタイミングを計るには、排卵予定日の3日ほど前から1日2回以上検査をすることをお勧めします。

また、月経周期が不定期な人は、一番短かった周期を目安にする、できれば、不妊治療クリニックに通って指示を仰ぐのがよいかと思います。(月経周期が乱れているということはなにか問題があるからかもしれません。)

そして、検査薬の陽性が出てから、タイミングをとるだけでなく、なるべく、その前からタイミングをとるのがいいと思います。

※この記事は個人的な見解によって書かれています。筆者は医療従事者及び専門家ではありませんので、ご了承ください。なにか問題がある場合は専門家に相談しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る