• 2018.6.11
  • 不妊治療開始➁(月経1周期目) はコメントを受け付けていません。

不妊治療開始➁(月経1周期目)

不妊治療開始①(月経1周期目)の続きです。
先生に排卵したと言われてから、1週間後に再びクリニックを訪れました。

通院4回目

D34です。
今回は、ほぼ待ち時間なしで、すぐに診察室へよばれました。

いつものように超音波検査をしたのですが、22.5mmほどの卵胞が見えました。

排卵していなかった…!?

確かに基礎体温が全くあがらず、おかしいなと思っていて、そのことも先生に伝えました。

先生曰く、排卵していない可能性があるOR排卵した後にその膜?に水が溜まって卵胞のように見えている可能性があるとのことでした。

基礎体温があがってないことや、おりものの感じからも排卵していなさそう。先生の話し方のニュアンスも、まだ排卵していないような言い方でした。

とりあえず排卵させるために、hcg注射を打ちましょうとのこと。セキソビットで効くと思ったんだけど、セキソビットじゃ効果が低かったらしい。思ったより症状が重いようです…

それから、タイミングをとってくださいとは言われず、こちらからタイミングをとるならいつですか?ときくと、今晩です。と言われました。このとき、今回は妊娠の望み薄そうだな…と思ってしまいました。

ところで、hcg注射って、てっきり腕に注射すると思っていたんですけどあれ、お尻に注射するんですね…別室につれていかれ、お尻だしてくださいってなったとき、???ってなりました。絶対痛いやつじゃんって…

お尻に注射するの初めてだし、怖すぎて、看護師さんに痛いですか?とか、怖い、怖いとか言いまくって、すごいめんどくさい患者になってしまいました。看護師さんはとっても優しかったんですが、注射はとても痛かったです。

腕に打つと、打った後しばらく痛くて支障がでるため、お尻に打つそうです。針を入れた瞬間はそんなに痛くなかったんですが、液をいれてるとき、すごい痛いです。注射した後もしばらく痛いです。でも、我慢できなくはないので、妊娠のために我慢ですね…

最後に、ホルモンと風疹の抗体ができているかどうか、B型C型肝炎を調べたいということで、採血もして帰りました。風疹は流産した時、抗体がないのがわかり、予防接種したのですが、その後まだ抗体検査をしていませんでした。B型、C型肝炎は、1~2年ほど調べていないならまた検査した方がいいと言われ、せっかくだからと調べてもらいました。

風疹等の採血は自費だったため、今回は9000円弱かかりました。
次の通院はまた1週間後になります。

通院5回目

※残念ながら、D39でリセットしてしまいました。

今回は、40分ほど待って、呼ばれました。

前回があまりいい結果ではなかったし、通院の2日前くらいから、おりものに血がまじりはじめ、当日には完全に血がでていたので、暗い気持ちでクリニックへ来ていました。

まず生理が来たことを伝えると、先生もやっぱりかって感じでした。

(それで、前回タイミングをとってくださいって言わなかったんですね、先生…)

前回の採血結果から教えてくれました。エストラジオールは正常でしたが、プロゲステロンの数値が排卵期に測ったのにすごーい低いそうです…元々基礎体温が低く高温期にもあまり高温にならないこと、今回も高温期がほぼなかったこと&今度の検査の結果から、黄体機能不全と診断されました。

つまり、生理が今来たということは、2週間前(通院3回目)の時点でやっぱり排卵していたが、黄体機能不全のせいで、うまく体温があがってなかったようです。

もちろん、そんなんでは、妊娠できるはずがありません…

そして、プロゲステロンの数値がここまで酷いのはなかなか無いとはっきりと言われてしまいました!

私もそこまで言われると、なんだか笑えてきてしまい、そうなんですか!?ってか、それ大丈夫なんですか!??とテンション高めに聞くと。

大丈夫です。って先生答えてくれました。

本当に大丈夫なの?って感じですけど。
少しほっとしました。

排卵誘発剤を飲んで、注射を2回うてば大丈夫だそうです。セキソビットも先生が思ったより効果が弱かったらしく、排卵誘発剤の薬を強いのにしようかとも言ってたんですが、私の場合、子宮内膜も薄いので、セキソビットの量を前回よりも増やすことになりました。

(セキソビットの効きがよければ、高温期にちゃんと高温になっていたはずらしいです。)

1日、朝昼晩2錠5日間飲むことになり、また1週間後に来てくださいとのこと。D39でリセットしてしまいましたが、切り替えないといけませんね。前回の月経周期のように、50日間も続かなかっただけまだよかったと思います。39日も長い方だとは思いますが…

そして、今回よかったことは、風疹の抗体ができていたことと、B型C型肝炎が陰性だったことです。

風疹の抗体ができてなければ、また予防接種して2ヵ月避妊しないといけないですもんね。

今回の金額は、1000円弱でした。

最後に

初診から約3週間半、いろいろな検査や問診でわかったことは、脳下垂体がうまく機能していない&黄体機能不全(プロゲステロンの数値が低い)です。

やっぱり月経周期が長いのには原因がありました。一度妊娠したからといって、安心しきっていましたが、本当にクリニックへ行ってよかったです。

問題があったんだと思うと落ち込んでしまいますが、対処できる問題のようですので、先生の言うとおりにして、前向きに不妊治療と向き合っていきたいと思います。

なるべく早く妊娠し、出産したい…

<月経1周期目まとめ>

ここまでの不妊治療にかかった合計費用:約17000円

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る