• 2017.11.28
  • 妊活2か月目 はコメントを受け付けていません。

妊活2か月目

妊活2か月目に入りました。前回は、妊娠こそしませんでしたが、ピル服用中止後にも関わらず高温期と生理がきたことに安心しました。それでは、妊活2か月目の基礎体温の記録、排卵日、そして、改善点について書いていきます。

基礎体温

今回は低温期と高温期の二層になるどころか、ガタガタなグラフになってしまいました。

最高基礎体温も36.43度と低いもので、高温期らしい高温期はいつまでたってもきませんでした。生理周期に関しても前回は生理周期が30日間でしたが、今回は38日間と長かったです。

排卵日

いつ排卵日来るだろうかと予想しながら基礎体温を測っていたのですが、いつになっても基礎体温が上がることはありませんでした。

36.43度と少し体温が上がった日はすでに33日目で、今月は排卵がおきてないんだろうなと思って妊娠は早々に諦めましたが、せめて早く生理が来てリセットしたいなと思っていました。

すると、39日目にやっと生理がきて、妊活2か月目をリセットすることができました。今まで一度も生理が来たことがないということはなかったので、生理は来るだろうとは思っていましたが、やっと生理がきたときには本当に安心しました。

恐らく無排卵月経だったのだと思います。ちなみにPMSの症状もいつもより軽かったです。

改善点

上にも書きましたが、今回は恐らく無排卵月経だったのだと思います。今まで基礎体温を記録していたことがなかったので、どれくらいの頻度でおきているのかはわかりませんが…

来月、再来月もこのような基礎体温が続くようなら病院に行きたいと思います。ただ、無排卵月経はストレスによりおきたりすることもあるようで、翌月通常の基礎体温に戻れば問題ないようです。

そして、私にも今月はそのストレスとなる原因に心あたりがありました。結構ショックな出来事があったので、それが原因だったのかなと思います。

精神的なものも大きく体に影響するようですので、翌月はなるべくストレスを避けて生活したいです。

それから、基礎体温を起きた直後に測ることには慣れてきたのですが、測る時間にずれがでてしまうことがありました。測定時間が1、2時間ほどずれていても基礎体温にもだいぶ影響するとわかったので、毎日同じ時間に起きて、より正確な基礎体温を記録していきたいです。

最後に

今回は高温期が来なかったり、排卵がおこらなかったり、生理周期も長かったりと、とてもショックな1か月でした。

もし今月のような状態が続いてしまったとしたら、病院へ行き早めに対処していきたいと思います。今回はたまたまストレスによるものだったと思い気持ちを切り替えて、妊活3か月目に期待します!

※この約8か月後に不妊治療クリニックに通い始めました。主に卵胞が成長が遅い&プロゲステロンが低いことが原因です。少しでも異常があったり、妊娠を希望しているのになかなか妊娠しない場合は早い段階で医療機関へ相談に行くことをお勧めします。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る