• 2017.9.11
  • 社宅に住むべき? はコメントを受け付けていません。

社宅に住むべき?

主人の勤める会社の社宅に空きがでて、社宅に住めるかもしれないということになりました。

ただ、社宅に馴染みがない私は、社宅に住むべき?やめるべき?と、少し迷っていました。そこで、社宅に住むメリット、デメリットを考えてみました。


社宅に住むメリット・デメリット

★メリット

  • 家賃が安い
  • 敷金礼金なし
  • 会社に通勤するのに便利
  • 住人がすべて同じ会社の人たちなので安心感がある

★デメリット

  • 付き合いが大変そう
  • トラブルがあったら困る
  • 自治会等がある
  • 古いことが多い

なんといっても家賃が安い&敷金礼金無しといった金銭面が一番の魅力ですよね。数年は我慢して社宅に住み、お金を貯めて、出ていくって方が多いイメージです。また、会社に近い場所であったり、通勤するのに便利などといった立地面でも好条件な気がします。住民の人たちも、会社の人だったりその家族なので、なんとなく安心感もあります。ただ、会社の人だから余計付き合いに過剰に気をつかわないといけなかったり、トラブルがあった際などに問題になってしまいます。ほかにも、自治会等があり、自分たちでいろいろ管理したり、草取り、掃除などをしなければいけない場合も多いようです。最後に最大のデメリットとしては、圧倒的に古い建物が多いイメージです。いくら安くても、あまりにもボロボロだと、、、悲しいですよね。

こんな感じでメリット・デメリットを考えていましたが、結局は社宅によるんじゃないかということで、社宅のデータをもらうことにしました。社宅の写真も見せてもらうと、とても古そうでした。さらに、すべての部屋のつくりが同じというわけではなく、ここの部屋なら住んでもいいけど、あそこならちょっと、やだなーという感じでした。主人の会社の社宅は、抽選で住めるか、また、どこの部屋になるか決まるので、第一希望の部屋にならない確率も大いにありました。ここでも、ウダウダと考えこんでいましたが、実際見てみないとわからない!ってことで、社宅見学が可能かどうか確認してもらい、見学の許可をいただきました。やはり、一度も部屋を見ることなく住むことには抵抗がありましたし、社宅見学を申し込んで本当によかったと思っています。


社宅見学

平日の朝から夕方までしか見学できないとのことで、夫の会社の社宅なのですが、私(妻)、一人で見学することになりました。しかも、社宅見学の許可をいただいてから、2日後のことでした。

集合場所は社宅の前でした。(服装は一応、オフィスカジュアル?的な感じにし、お土産までもっていこうかとも思ったのですが、それはやりすぎだと夫にとめられやめました。賄賂的なものを渡した方が感じがいいのかなーとも思いましたが、社宅を案内してくれた方には、当選者を選ぶ権利もなさそうでしたし、やりすぎなくてよかったです!)

駅に着き、グーグルマップで社宅を探していると、すぐに見つかりました。外観だけで言うと、結構いい感じでした。と、同時に隣にあるアパートが目に入り、こっちのアパートじゃなくてよかった!と心から思いました。さて、時間になっても、担当の方がいらっしゃらなかったので、予めもらっていた電話番号に電話すると、違う場所で待っていてくださったようで、私がいる場所まですぐに来てくださいました。優しそうなおじ様でした。何部屋か部屋があいているとのことで、リフォームしている部屋もあるけど、全部見せてくれるそうです!ここで、リフォーム!?新情報!となりました。どうやら、前の方が退去した後は、壁紙など汚れているところを交換してくれるようでした。実際に、リフォーム前、リフォーム中、リフォーム後、部屋を見せてもらうと(お願いしたわけではないのですが、おじ様が進んで見せてくださいました。)、リフォーム前後では、全然違いました。とてもきれいになっていて、壁紙等はすべて新しくしているようでした。普通に部屋を借りれば、綺麗にするのは当たり前のことかと思うのですが、社宅の知識があまりにもなく、前の方が退去してそのまま部屋を渡されるイメージがありました。

さて、社宅のつくりは古いですし、窓のガラスの部分や木の部分等は汚れがとれないようでしたし、トイレは綺麗でしたが、お風呂もお世辞にも素敵!といえるような代物ではありませんでした。しかし、リフォーム可能なところはリフォーム済みですし、部屋も広く、築年数の割にとても綺麗でした。なんといっても家賃が安い、ということで、やはり、社宅に住みたいという希望をだすことに決めました。

社宅見学をする際は、たくさん写真をとっておくことをお勧めします。何部屋か見せてもらったので、最後の方はあまり写真をとらなくなってしまったり、壁が上から下まで写っていないことがありました。部屋によってつくりが違ったので、違うタイプの部屋もきっちり写真を撮っておけばよかったと後から後悔しました。コンセントの位置などもその写真で確認することができるからです。

社宅を見学する際に見ておきたいこと、確認しておきたいこととしては、

  • コンセントの位置
  • ネットの有線が使える位置
  • 電気がついているか
  • エアコンがついているか、ついていない場合は、コンセントが上にあるか確認。(古い建物だとコンセントが下にあったり、高さに問題があったりと、取り付ける際に業者に余分にお金を払わなければいけなくなることがあるとのことです。エアコンを取り付ける際に特段考慮することがないか確認しておきましょう。また夏に引っ越し、エアコンがない場合や取り付けてもらう場合は早めに取り付けの予約を申し込むことをお勧めします。繁忙期だと、すぐに取り付けてもらえないということがあります。)
  • 窓の大きさ(予め、カーテンを用意する必要がありますよね。社宅の場合、特に中を見られるのがいやだなと思ったので、すぐにカーテンを取り付けられるよう、用意しておきました。)

    実際に社宅に住んでみて

実は、現在社宅に住んでいます。そのうえ、なんと、希望の部屋に抽選が当たりました!実際に住んでみて社宅はどうかというと、とても快適です!希望通りの部屋ということもありますし、社宅の方と関わることも今のところほとんどありません。会ったときに挨拶する程度です。(お子さんがいらっしゃる方々は結構交流があるようです。)自治会の草取りなどもありますが、回数も少ないですし、夫のみ参加だということでした。上の部屋の音は結構しますが、それは、どこに住んでもよくあることですし、私たちは1階に住んでいるので、あまり気を使わなくていいため、とても楽です。虫はたくさん入ってきますが、1階おすすめですよ。

★ちなみに、引越し時の挨拶ですが、最初は全部に挨拶に行くか、上下横のみに行くかと悩んでいたのですが、結局、横と上(1階なため)と、自治会長さんのみに挨拶しに行き、自治会長さんに挨拶はみなさんどうされているか聞きにいくことにしました。すると、一応、回覧をまわし、それを挨拶とするとのことで、挨拶に行かなくてもよかったとのことです。社宅によってルールがあると思いますので、まずは自治会長さんなりに確認してから、挨拶をされることをお勧めします。また、その他の細かいことも、後日自治会長さんが説明しにきてくれました。


最後に

実際に社宅に住むことになり、本当によかったと思います。私たちの場合、ほぼいいことしかありません。デメリットはお風呂と少し古いことです。ただ、十分快適に住めます。これから社宅に住むか検討されている方は、まずは、社宅見学をお勧めします。また、会社の人で社宅に住んでいる方にお話しを聞いてみるのがいいかと思います。私たちの場合、あまりにもボロボロで、快適に住めなそうな場合は、社宅は諦めようと思っていました。個人的な意見ですが、お金が安いことはすごく魅力的ですが、毎日、憂鬱な気分でいなければいないなら、その分お金を払って、駅から少し遠くで、少し狭い家に住んだ方がいいと思います。その方が幸せでいられると思います。部屋はいいけど、人間関係がという方は、まずは社宅に住んでみたらどうでしょうか。私たちの場合は、人間関係で問題になってしまったら、1年くらい社宅に住んで、引っ越しを考えようと予め決めていました。

何に価値を置くかは人それぞれだと思います。安い方がいいという人、新築に住みたいという人、いろいろな面を考慮して、ぜひ社宅も検討してみてくださいね。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る