• 2017.7.7
  • 親知らず抜歯後の経過 はコメントを受け付けていません。

親知らず抜歯後の経過

いつの間にか生えてきた親知らず。みなさんはどうしていますか。

私は、大学生の頃に3本抜歯していましたが、右下奥の親知らずだけ残っていました。ここでは、右下奥の親知らず抜歯後の経過について詳しく書きます。


親知らずを抜くまでの経緯

上にも書きましたが、右下奥の親知らずが残っていました。しかし、今回の歯列矯正のカウンセリングで、親知らずを抜くことを勧められました。必ず抜く必要があるというわけではありませんでしたが、後々、親知らずが歯を押して、歯並びに問題がでてくる可能性があるとのことでした。今までの3本の親知らずは抜いてもあまり痛くなかったですし、あまり腫れない&すぐに腫れも引いたので、抵抗もなく、すぐに親知らずを抜くことに決め、予約もとりました。ただ少し不安だったのが、右下奥の親知らずが、歯茎に埋没していることと神経に近いことでした。この2つの理由から、今までこの親知らずのみ抜かずに残っていたのです。ただ、今までの親知らずの抜歯の経験から、最長でも1週間過ぎれば、普通に生活できるだろうと安易に考えていました。


親知らずの抜歯

口腔外科の先生が親知らずを抜いてくれました。まずは、後遺症が残る可能性などの説明をうけ、承諾書にサインをしました。この時点でとても心配になりましたが、今更引き返すことはできないと思いサインしました。流れとしては、麻酔をします。とにかく、たくさん麻酔を打たれました。骨にあたっているのか、奥の固い部分等にも麻酔の注射を打つので普段の麻酔の注射より数倍痛かったです。次に歯茎を切り、骨を削り、歯を削り、歯を割って、歯を抜き、抜歯し、止血用のガーゼを口にいれられるという流れでした。途中で痛くなり、麻酔を追加しています。とにかく、グロテスクな感じでした。さらに、歯を抜いた瞬間、痛みが急に出てきて、麻酔を追加し、その場でロキソニンを飲みました。上の小臼歯を2本抜歯したときは、抜いた瞬間には痛みを感じなかったのに…とこの時すでに親知らずを抜いたことを少し後悔していました。上の小臼歯の抜歯については、歯列矯正経過(1) ~上顎の歯に矯正装置をつけるまで~をご覧ください。

その後、先生が新しいガーゼに交換してくれ、歯科助手さんから、今後の注意点の説明を受け、ガーゼとロキソニンをもらい帰宅しました。帰宅後、先生が抜歯前に説明してくれた歯磨きしすぎたり口をゆすぎすぎて、血の塊がとれるとドライソケットという症状になってしまう(そうするとなかなか治らないし&痛い)という言葉が気になり、調べてみると…とても恐ろしくなり、ドライソケットに絶対なりたくない!と思いました。ドライソケットとは、抜歯した骨の部分がむき出しになってしまう症状で、治りにくく、痛み止めもなかなか効かないらしいです。正直、ドライソケットになってなくても、とてもとても痛いので、ドライソケットになったら想像を超える痛さを味わうことになるのではないかと予想されますので、みなさんもドライソケットだけにはならないように気を付けてください。(私は、ドライソケットになっていないのに、痛すぎて、ドライソケットになっているんじゃないかと思い、抜糸の際に先生に確認しました。違いましたけどね笑)


親知らず抜歯後の経過

簡単にまとめると、本当に痛かったし、辛かったです。もう二度と経験したくありません。痛み止めを飲まなくても我慢できるレベルになったのが、2週間強、完全に痛みがなくなるまで、3週間強かかりました。それでは、下記に詳しい経過を紹介します。

抜歯当日(お昼ごろ抜歯):抜歯直後は痛かったもののの、ロキソニンをのむと、あまり痛みもなく、夜ごはんを食べることができる。少しだけ腫れている。しかし、12時ごろになると涙がでてきて我慢できないほどの激痛がはしり、出血する。ガーゼで止血し、ちょうど前のロキソニンを飲んでから6時間ほどたっていたので、ロキソニンをのむ。

抜歯翌日:ロキソニンを飲んでも痛いし、口がほとんどあかない。右下の頬の部分が少し赤くなる。普段の2倍以上腫れる。

2日目:相変わらず、ものすごく痛い。口もほとんどあかない。内出血が起きてるのか、右下頬が黄色くなる。腫れも引かない。舌に口内炎ができる。口臭がひどくて、自分でもすごい臭いのがわかる。

3日目:痛さあり。だるい。微熱がでる。内出血の症状も相変わらずあり。頬の腫れは少しひくが、のどが痛くなり、リンパ腺が腫れる。口臭も相変わらず。

4日目:痛さあり。だるさと熱はなくなるが、のどの痛みとリンパ腺の腫れはひかない。頬の腫れは昨日よりも引く。口臭は相変わらず。

5日目、6日目:痛さあり。のどの痛み、リンパ腺の腫れが引く。内出血の黄色い色がだいぶ下の方に下がってきて、薄くなっている。頬の腫れもさらにひく。口臭は相変わらず。

7日目:一週間たったが、ずきずきと未だに傷口が痛い。内出血の黄色い色がほぼなくなり、化粧でかくせるようになる。口臭は相変わらず。

8日目:抜糸する。ネットなどでは、抜歯は痛くないとかかれていたが、とても痛かった。朝からいつも通り傷口に痛みがあり、そのせいで余計に痛かった気がする。糸は3本抜いた。膿が少し出ていて、多少回復が遅れているが、正常に回復中とのこと。ドライソケットではない。抗生物質をさらに3日分とロキソニン追加でもらう。口臭は相変わらず。

 

10日目:内出血の黄色い色が完全に消える。痛み止めの効き時間が長くなるが相変わらず痛い。口臭は相変わらず。

11日目:少しだけ痛みが引くが、痛み止めの薬は継続して飲んでいる。口臭がここにきて、少しだけひく。

14日目:痛みがだいぶ引く。薬のを飲まなくても我慢できるようになる。口臭もだいぶなくなる。

17日目:時々痛む程度になる。抜いた親知らずの手前の奥歯をみると、歯茎がかなり下がっている。口臭はだいぶなくなる。

22日目:痛みはほぼなし、歯茎が下がっていることを先生に確認すると、正常の範囲内とのこと。切ったり骨を削ったりしたので、ある程度はしょうがないらしい。(今後経過を報告します。)口臭はほぼなくなる。


内出血について

上の経過で内出血があり、頬に赤みがでた後に黄色くなったと書きましたが、ごく普通の症状だとのことです。抜歯前にも先生から説明がありました。内出血の色は比較的すぐ消えますし、化粧でだいぶごまかせると思います。


口臭について

これは、本当に悩みました。
ひどい臭いです。(今まで抜いた他の親知らず3本ではこのような経験はありませんでした。)抜歯当初は、口があかないし、傷つけてしまう&痛いので歯磨きもあまりできないし、口をゆすぎすぎてもドライソケットになってしまう可能性があるので、余計に臭いです。臭いの原因は、食べ物などのかすが穴に入り、腐ってしまうことらしいので、
穴がふさぐまで悪臭は消えません…先生にも相談しましたが、しょうがないんですよーと言われてしましました。誰とも会いたくないレベルの臭さです。自分自身でも臭いと思うのですから。ただ、私の場合は抜歯の時点で、膿がでていたので余計に臭いの原因になった気がします。膿が出なくなったら臭いがましになったような…気がします。抜歯当初は痛みも強いですし頬も腫れ外にでることはないと思いますが、特にお勤めの方や学校に行かなければならない人は、2週間も3週間もひどい口臭が続くのは困りますよね。歯をこまめに磨いたとしても、すぐに臭くなりますし、磨きすぎて痛くなったり、ドライソケットになってしまう可能性もあります。

私の対処方法としては、
とにかく人にあわない、人に近づかない。歯間ブラシなどで、傷口等を傷つけないように歯磨きをこまめにする。また、刺激があまりないマウスウォッシュ(アルコール成分がはいってない)で、定期的に口をゆすぐ、マスクをするです。本当に大変ですし、苦しい期間ですが、我慢してなんとか乗り切ってください。必ず、口臭はなくなります!


最後に

親知らずの痛さは、人それぞれだと思います。ただまっすぐ生えているのを抜くだけであれば、2,3日で普通の生活ができたり、歯茎を切ったりしても1週間で痛みがなくなる人もいるようです。ただ、私の場合は3週間強かかりました。初日の夜には、今までで一番痛いと思ったほどの痛みを感じました。さらに、口臭に苦しめられました。これから親知らずを抜く方には、よく考えて抜いてほしいと思います。私からできるアドバイスとしては、親知らず抜歯後はしばらく予定をいれないこと、できれば、長期休暇などの長い休み(できれば最低でも1週間はほしい)に抜くようにしてください。
※補足:最近親知らず(右の奥)を1本抜歯した友人によると、斜めに生えた親知らずだったにも関わらず、そこまでひどい状態にならなかったようです。体調や個人差、先生の腕などいろいろ影響するようですね。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る