• 2017.6.19
  • 歯ぶらしの紹介 はコメントを受け付けていません。

歯ぶらしの紹介

ここでは、歯ブラシの紹介をします。

矯正装置をつけてから思ったことの1つは、歯磨きが本当に大変ということです。普通に磨くことはできないし、特に装置をつけたてのときは、少し力をいれるだけでも、痛かったりします。

いろいろなブラシを使い分けて、虫歯にならないようにしましょう。

一般的な歯ブラシ

まずは、普通の歯ブラシで磨きます。私の場合表側矯正ですので、表側は矯正装置の上側の歯の部分を磨き、下側の歯の部分を磨きます。裏側と咬む面はいつも通りです。奥歯の方を少し磨いただけでも、食後ですといろいろなものが引っかかっていて、びっくりします。

ワンタフトブラシ

次に、ブラシ部分が小さい歯ブラシで、矯正器具の間やワイヤーの間などの細かい部分に差し込みながら磨きます。

いろいろ使用しましたが、システマのワンタフトブラシお勧めです!固めよりも少し柔らかい方がいい気がします。

歯間ブラシ

さらに、小さい歯間ブラシで歯と歯の間や、ワイヤーや器具の間を掃除します。

私は場所によって2、3種類を使いわけています。自分にあうサイズをみつけましょう。



デンタルフロス

糸ようじではなく、クリニカの毎回切って使うタイプのデンタルフロスを使用しています。

ワイヤーにあたってしまい使いにくいのですが、歯間ブラシでは歯と歯の間で磨けない箇所がどうしてもでてきてしまうので、使用をお勧めします。

最後に

外出する際は、この後に薬用マウスウォッシュ使ったりします。

とにかく本当に磨きにくいですが、手鏡を見ながら、虫歯にならないよう時間をかけて歯磨きをしています。虫歯になることで、矯正期間が延びることもあるらしいので…

毎日歯磨きだけでも大変ですが、頑張っていきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る