• 2017.6.3
  • ヘアメイクリハーサル する?しない?(1) はコメントを受け付けていません。

ヘアメイクリハーサル する?しない?(1)

ここでは、ヘアメイクリハーサルをする?かしない?かについて書きたいと思います。

まずは、私の場合のヘアメイクリハーサルまでの流れを紹介します。

結婚式約3か月半前

  • 結婚式場内のサロン選び(式場内に2つのサロンがあったため)の説明をプランナーさんからうける

結婚式約3か月前

  • どちらにするか話を聞きに行くため、2つのサロンに電話して予約(とても混んでいて、中々予約がとれませんでした。)
  • 実際に話を聞きに行く(ここで同時に、どちらか決めてないのですが、決まったときの場合のため、打ち合わせもしました。)
  • サロン決定

結婚式約15日前

  • ヘアメイクリハーサル(約4時間くらいかかりました。)

このような流れでした。ヘアメイクリハーサルは絶対にやろうと以前から思っていたのですが、和装、洋装1つにつき2万円ととても高額でためらいました。すでに、結婚式で大金を払わなければいけないのに、リハーサルのためだけにそんなにお金をかけたくないと思いました。しかし、とにかく話を聞きに行こうと思い、サロンに足を運んだのでした。(ブライダルフェア、成約時に確認すべきポイント(2)で少し書いていますが、ヘアメイクリハーサルが基本プランに含まれていて、追加料金がかからない結婚式場もあるようです。)

2つのサロンに話を聞きに行ったのですが、この時点ですでに打ち合わせのようになっていました。2つのサロンから選ぼうと思っていたし、まだ、ヘアメイクリハーサルをするかも迷っていたので、内心困惑し、まだどちらのサロンにするか決めてないんですけど…とお伝えしたところ、サロンを決定した後、二度手間にならないように打ち合わせもしてしまうのだそうです。(ほかの式場ではどうなっているかわかりませんが、ある程度、どんな髪形にしたいか決めて置いたほうがいいと思います。)

最終的に、1つのサロンで洋装和装両方のヘアメイクリハーサルをすることを決めました。まず、サロンの選び方としては、新婦に合う化粧品を使う(いろいろなメーカー)ということと、とても親身に相談にのってくれ、美容師さんとの相性がいいということが決め手となりました。選ばなかった方のサロンは、使う化粧品のメーカーが1種類でした。

また、ヘアメイクリハーサルをすることにしたのは、白無垢、色打掛のときに日本髪にする場合は(自分の髪で日本髪を結いたいと思っていた)、ヘアメイクリハーサルが必須だったということと、当日、納得いかないメイクと髪形で台無しにしたくないという思いからでした。そんなこんなで、洋装と和装のヘアメイクリハーサルを結婚式の約15日前に行うことになりますが、実際にやって本当によかったと思います。

最初の打ち合わせでどのような髪形やメイクにしたいか、すでに話してありました。必要なものはほとんどサロンさんの方で用意をしてくださっていたのですが、つけまつ毛だけいくつか持参するように言われていました。つけまつ毛は10代のころにしていた時期はありましたが、しばらくしていませんでした。また、まつエクも何回かしたことはあるのですが、繰り返しつけるのを繰り返していたらまつ毛の量が減ってしまったこと、オイルフリーの化粧品やメイク落とししか使えないということから、今回はまつエクは候補にありませんでした。つけまつ毛にはとても抵抗があったのですが、サロンの方曰く、衣装が派手だし写真にもはっきりと写るので使用したほうがいいとのことでした。そして、リハーサルでつけまつ毛をつけてみた大半の方が実際に本番でもつけるとのことでした。ただ、新郎が嫌がる場合もあるそうですので、ぜひ新郎にも確認してあげてください。笑

次の記事では当日の話と簡単にヘアメイクリハーサルのメリット/デメリットをまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る