• 2017.6.2
  • ウエディングドレス、ドレス、白無垢、色打掛のレンタル(2) はコメントを受け付けていません。

ウエディングドレス、ドレス、白無垢、色打掛のレンタル(2)

ウエディングドレス、ドレス、白無垢、色打掛のレンタル(1)の続きです。

ここでは、式場・提携店で衣装をレンタルする際の私たちが実際にたどった簡単な流れを書いていきます。

結婚式約7~4か月前

  • 結婚式で着る衣装の確認(ウエディングドレス、ドレス、白無垢、色打掛、紋付き袴、タキシード)
  • 提携店舗をインターネットで検索(実際に来てみたい衣装を探し、イメージをつかむ。お店の雰囲気をみる。)
  • 実際に着てみたい衣装の種類やデザインを確認(例えばウエディングドレスなら、Aライン、プリンセスライン、マーメイドなど)
  • よさそうな提携店舗に電話し試着の予約をとる(私の場合は、式場内のお店と、和装がたくさんありそうな何件か予約しました。)
  • 試着(私は、だいたい、2~3着ずつ試着させてもらいました。ただ混雑していることも多く、あまり試着できない場合もあります。できれば平日等空いていそうな時間に行くのがおすすめです。1回で、決まることはほとんどないんじゃないでしょうか。私は何店舗も見に行きましたし、レンタルお店を決定した後も、2つのウエディングドレスで迷ったため、何度か通いました。)
  • 新婦衣装決定
  • 新郎衣装決定(新郎の衣装はあまり変わらないので、新婦の衣装をどこでレンタルするか決めてから決定しました。
  • 寸法測定

結婚式約3か月前

  • アクセサリー選び(私の場合は、提携店舗でネックレス、ピアス/イヤリング、ティアラ、髪飾りを無料でレンタルできるとのことでしたが、結局は日本髪の髪飾り以外は自分で用意しました。日本髪の髪飾りは美容サロンでレンタルしました。)

結婚式約10日前

  • 最終フィッティング

最後に

ドレス選びにはとても時間がかかると思います。

レンタルの場合、早い者勝ちになってしまういます。特に結婚式シーズンに結婚式を挙げる場合は、早めに予約するようにしましょう。

素敵な衣装がみつかりますように!

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る