• 2017.6.1
  • 結婚式当日までの流れと準備(3) はコメントを受け付けていません。

結婚式当日までの流れと準備(3)

結婚式当日までの流れと準備(2)の続きです。

 

約1か月半前:演出の確認と追加、ブライダルフェアで引き出物、プチギフトの決定/注文、装花とテーブルクロスの確認

約1か月半前には、結婚式場のブライダルフェアに参加しました。このブライダルフェアでは、模擬披露宴に参加できたり、演出の展示、模擬挙式の見学や体験、引き出物の展示、購入、装飾やお花の展示、アルバム写真(カメラマン)の申し込み等ができました。事前の中間打ち合わせでも書きましたが、なんとなくどのような演出があるかは聞いていたのですが、具体的にどのような演出があるかあまりわからなかったので、このブライダルフェアですべての演出を決めました。(例えば、キャンドルツリーの種類、お庭におくキャンドルや装飾、照明の演出、ピアノ生演奏などです。)

それから、引き出物と最後に配るプチギフトを選び、その場で注文しました。その場で注文すると自分たち用に1つ無料で同じ商品をいただけるという特典がありましたし、結婚式が近づいていましたので、その場で注文しました。もちろんカタログやインターネットで注文できたのですが、実際に見て決めたいという思いもあったので、ブライダルフェアで決めました。

装花やテーブルクロスも打ち合わせの時点では、実際のものを見ていたわけではなかったので、展示で確認しました。ここでは、実際にナプキンの色を変更することにしました。メインテーブルやお客様のテーブルに実際に置くお花はもちろん見ることはできませんでしたが(各結婚式でもちろん違うため)、私たちが注文している値段だと、どのようなイメージになるのか、また、大きさや量を確認し、安心することができました。(やはり最初の低価格の値段設定だと寂しい感じがしましたので。)

 

約1か月前:2回目中間打ち合わせ(料理の決定、席次表仮決定)司会者と打ち合わせ

約1か月前に、司会者の方と打ち合わせをしました。電話で1度だけお話をしたことがあったのですが、本当に感じの良い方でした。事前に、自分たちのプロフィールについて書いてくるよう指示があり、ペーパーもいただいていたので、そのペーパーと結婚式当日の流れをもとに打ち合わせをしました。プロフィールや思い出などを丁寧に聞いてくださるのはもちろん、流れをみながら、ここではこんなことを話しますですとか、いろいろなアドバイスをくださり、プランナーさんに説明していただいたときよりも、当日の想像ができてきて少し安心しました。プランナーさんは、すべて当日付き添いの方が説明してくれるから大丈夫と言っていましたし、実際にそうだったのですが、この時点では、具体的にどう動くのかなど、なにもわかっていないので不安で不安でしょうがなかったのです。打ち合わせ後も修正点をメールや電話でやり取りし、新郎新婦の紹介部分を修正しました。司会者の方は、新郎新婦よりも経験豊富なので、他の方の披露宴についてですとか、不安に思う部分を相談すると、こうしたほうがいいですよ、と快く教えてくださるとも思います。

 

約15日前:最終打ち合わせ(装花/演出変更、席次表決定、最終確認等)、ヘアメイクリハーサル
約15日前には、最終打ち合わせで、最終的な確認をします。ナプキンの色の変更もここでお伝えしました。席次も決定しましたが、私たちの式場は7日前までなら人数の変更が無料で可能だったはずです。お花のキャンセルも7日前まで可能でした。(私はブーケを自分で用意するか迷っていましたので。)ヘアメイクリハーサルもこの時期に行いました。

 

約10日前:DVD/CDの完成、席札メッセージ完成、衣装最終フィッテイング
約10日前には、DVD/CDを必死で完成させ、席札メッセージを徹夜で書き、提出しました。DVDは、提出後に不備がみつかり、再度提出することになりました。必ず式場の担当者にチェックしてもらえるよう、提出期限を守りましょう。席札には、招待客の名前を書いてもらうため、結婚式直前に自宅にとどきました。なので、時間に余裕がないことが多いかとおもいます。しかも、意外に時間がかかりますので、席札が手元に届きましたら、すぐメッセージを書き始めることをお勧めします。このころ、衣装の最終フィッテイングも行いました。夫は当時仕事が忙しく、最終フィッテイングをしなかったのですが、当日、スーツのパンツがきついといいだしました。なんとかなったのですが、男性も最終フィッテイングを行ったほうがいいと思います。衣装を決めてから、だいぶ時間がたっている方が多いとおもいますので。

 

約7日前:見積金額の振り込み>
そして、7日前までに最終見積もりを振り込みました。結婚式前までに支払いをしなければいけない式場が多いと思いますので、ご祝儀をあてにされている方は、支払いをいつまでにしなければいけないか必ず確認したほうがいいと思います。

 

最後に

※成約時や特に打ち合わせが始まる前までは、わからないことだらけ不安かと思います。私の経験上からアドバイスさせていただくと、打ち合わせが始まる前まで(結婚式の約3か月前)に行ったほうがいいこと、できることとしては、下記のようなことが挙げられるかと思います。ぜひ、参考にしてください。

  • 衣装の決定
  • DVDの作成(オープニング、エンディング、自己紹介)
  • 選曲(新郎新婦入場前の招待客が待っているときの曲、入場曲、司会者によって新郎新婦が紹介されているときの曲、乾杯前/後の曲、お色直しの時の退場の曲(新郎新婦1曲ずつ)、再入場の曲、ウエディングケーキ入刀前/後の曲、歓談中の曲、感謝の手紙を読むときの曲、花束贈呈のときの曲、新郎新婦退場の曲、招待客退場の曲など)
  • ヘアメイクをどのようにするか(髪形や髪飾り、どのようなメイクのイメージにしたいかなど)
  • どのような演出をしたいか
  • 時間があるときに模擬挙式、模擬披露宴に参加する(確かに当日介添人の方がすべて教えてくださいますが、模擬挙式は参加しておくといいと思います。当日は緊張しますし、普段しない動きをしなければならなかったので。ちなみに、私たちの場合は、結婚式間際に参加しようと思いましたが、日程があわなくなったりして、参加できませんでした。)

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る