• 2017.5.31
  • 婚約指輪と結婚指輪の購入 はコメントを受け付けていません。

婚約指輪と結婚指輪の購入

婚約指輪と結婚指輪の購入について悩まれる方も多いと思います。

婚約指輪はプロポーズする際や結納の際にもらい結婚式や入籍までつける方が多く、結婚指輪は結婚式ではチャペルや神殿で交換する指輪で入籍後や購入後につけることが大半でしょう。

プロポーズをする方はプロポーズまでにぜひ婚約指輪を用意したいと思われる方が多いのではないでしょうか。

ここでは、いつどのように指輪を購入したのか書いていきます。

指輪の購入に至るまで

私の場合は夫がいきなりプロポーズしてきたので、プロポーズの際には婚約指輪はありませんでした。プロポーズの際に婚約指輪がないとがっかりされる女性もいるかもしれませんが、私の場合はまったく予期していないプロポーズでしたしサプライズがあまり好きではないので、婚約指輪がないことはなんとも思いませんでした。

さらに元々婚約指輪はいらないと思っていましたし、結婚するということになったときも、必要ないと伝えました。

ただ、私たちの場合は婚約指輪なしというわけにはいきませんでした。なぜならば、結納、結納前の親族のお披露目で必要になるからです。(詳しくは、結納までの流れ、当日の流れをご覧ください。)私の夫が購入しなければいけないし、購入してくれるというので、一緒に婚約指輪を2人で探しに行くことになりました。結納の約4か月前、結婚式の約8か月前のことでした。

婚約指輪の購入

購入を決めた後は、インターネットで情報収集をしました。なんとなくこんなものがいいなというイメージを決めてお店に行くのがいいとは思いますが、なにもわからなくてもお店の方が丁寧にダイヤモンドのことや選び方など、なんでも教えてくださるので大丈夫です。土日など混雑時に指輪を選びに行く方は前もって予約してから行くのをお勧めします。

私たちはいろいろなお店をまわって、シンプルな1粒のダイヤがついている指輪にしようと決めたので、ダイヤモンドを重視することにしました。なるべく大きくて綺麗なダイヤがついた指輪がよかったので、有名ブランドは諦めました。

ブランド名にお金を払うことにもなるようで、同じ4C(Cut,  Clarity, Carat, Color)でも、有名ブランドのほうが高かったです。

どこのお店で購入するか、デザインはどうするかを決めた後は、ダイヤモンドのレベルで迷うことになりました。

1つは、カラーがDで、クラリティがVVS1で、0.4カラット後半のものか、もう1つは、カラーがGで、VS1で、0.72カラットのもの(Cutは両方最高レベル)と迷いました。値段は0.4カラットのほうが20万ほど安かったのです。

婚約指輪をお店に見に行く前は、あんまり使わないのに購入するのはもったいないなと思っていましたが、実際、ダイヤモンドの輝きを見てはめてみると、テンションがあがってしまっていました。そして、ダイヤが大きければ大きいほど素敵にみえてしまっている私がいて、心の中で0.72のダイヤのほうがいいなと思っていました。笑

優しい夫はそれを察したかのように、気に入ったほうでいいよと言ってくれて、0.72カラットの婚約指輪をプレゼントしてもらえることになりました。結納後、婚約指輪を毎日はめ、今も大切にしまってあります。特別なイベントには、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けし、指輪をみて、にやにやしています。笑 ちなみに、インターネットで調べてみると、婚約指輪は右側にする場合もあるみたいですが、お店ではどこも左の薬指のサイズを測られました。

結婚指輪の購入

結婚指輪を購入したのは、結婚式3か月前をきっていました。

結婚指輪も購入しないといけないと思ってはいたのでしたが、先延ばしになっており、結婚式場のプランナーさんに、結婚式当日までに必ず用意してくださいと言われ、購入しに行ったのでした。クリスマスやお正月などのシーズンは普段より完成までに時間がかかることがあるので要注意だそうです。

婚約指輪を探したときに、よかったなと思ったお店1件と、婚約指輪を購入したお店1件の2件のみを見に行き、結局婚約指輪を購入したお店で結婚指輪も購入しました。婚約指輪を同店舗で購入したので、結婚指輪を安く購入できたのも決め手ではありますが、気に入ったデザインの指輪があったのです。

メレダイヤのハーフエタニティです。婚約指輪は結婚指輪とセットのもの(重ね付けのもの)ではなく、単独の婚約指輪を購入していたのですが、この指輪は、婚約指輪に重ね付けしてもとても似合いました。ダイヤがついていないシンプルな指輪のほうが、結婚指輪なのでいいかな、とも思ったのですが、きらきらしてかわいい指輪に惚れてしまいこちらを購入しました。

ずっとつけているのは無理なので、外に出かけるときのみにつけるようにしています。シンプルなものだと、性格的に安心してずっとつけて汚してしまっていると思うので、逆に慎重に扱ったほうがいい指輪を選んでよかったと思います。なにより、今でもお気に入りなので、指輪選びは大成功です!

それから、夫の結婚指輪ですが、私とは全く違うデザインの指輪です。ペアの結婚指輪だと、どちらか片方があまり気に入らないということになってしまいそうでしたし、お互い好きなものを選ぶことにしました。結婚指輪は同じデザインでないと嫌なかたもいらっしゃるかもしれませんが、私は、自分が好きな指輪をはめたかったので笑

婚約指輪と結婚指輪の価格

ちなみに指輪の価格は、婚約指輪が約100万円、結婚指輪が、夫のが約15万円、私のが約20万円でした。すでに結婚式場を決めている場合、成約時やブライダルフェアで割引付きのパンフレットをもらえたりもします。ただ、有名ブランドになってしまうと、そのような特典は、私のときはありませんでしたが。

また、婚約指輪などを購入すると、ティアラなどのアクセサリーを結婚式当日にお借りすることができるなどの特典もありましたので、特典もあるかないか調べてみるといいかもしれません。特に、アクセサリーは衣装提携店で借りるととても高い場合があります。

それから、指輪を購入する際、インターネットの口コミを見て、どこの指輪を購入したらいいか迷ったことがあります。割引してくるお店はよくないとか、○○店はよくないとか、いろいろ書かれていました。しかし、結局はダイヤモンドの価値は売却時にはだいぶ下がりますし(婚約指輪の場合)、指輪は別に売却する予定で購入するわけでもないと思います。

私も一時は口コミに惑わされましたが、自分たちが気に入って購入するのだから、関係ないと最後は納得し、どこのお店にするか選択しました。みなさんも、周りに惑わされることなく、ぜひみなさんのお気に入りの指輪を見つけてください。

最後に

婚約指輪についてですが、ロマンティストでサプライズ好きな女性には、やっぱりプロポーズの際に婚約指輪があるといいかもしれませんね。ただ、ここで注意していただきたいのが、婚約指輪を気に入ってもらえるかわからないということだと思います。世の中には、どんなものをもらっても嬉しいという天使のような女性もいるとは思うのですが、値段も安くなく、一生の宝物になる婚約指輪、せっかくなら、自分好みのものがほしいと思われる女性も多いのではないでしょうか。

また、人によっては婚約指輪はいらないから、新婚旅行にお金をかけたい、結婚指輪を高めのものにしたいなどという人もいると思います。

相手の性格、気持ちを考えて、ぜひ、自分のパートナーが喜びそうな方法で、プロポーズをしてください。

ちなみにどうしてもどうしたらいいかわからない方に、おすすめなのは、お手頃なファッションリングを用意し、プロポーズ、そして、一緒に婚約指輪を買いにいこうと伝えるやり方です※しかし、これはあくまでも個人的意見なので、パートナーの性格を考え判断してくださいね。パートナーに自分のことを考えて婚約指輪を選んでもらい、プレゼントされたいという方には向きません。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る