• 2017.5.30
  • ブライダルフェア、成約時に確認すべきポイント(1) はコメントを受け付けていません。

ブライダルフェア、成約時に確認すべきポイント(1)

ここでは、すでに結婚式を終えた立場から、ブライダルフェア、成約時に確認すべきポイントを紹介します。私がブライダルフェア前や成約前に知っておきたかったこと、確認すべきだったな!と思ったことなので、極めて個人的な意見になってしまいますが、ぜひ、下記7点を確認してから、ブライダルフェア等に参加してほしいと思います。

  • 結婚式の予定日候補を考えておく
  • 招待人数の確認をしておく
  • 成約時のプランナーさんが成約後も担当してくれるとは限らない
  • 挙式会場と、披露宴会場の組み合わせを確認しておく
  • 衣装の提携店を確認する
  • 最初の見積金額は最低金額である
  • 特典を確認する

それでは、具体的に説明していきます。

 

結婚式の予定日候補を考えておく

ブライダルフェアの前に、結婚式の予定日候補を考えておきましょう。すでに空いていない場合もありますし、あとから変更可能ですが、人気の会場、よい日取りは埋まってしまう可能性があります。また、シーズンによってだいぶ値段が違いますので、違う月の候補日も出してみて参考にしてみてください。

 

招待人数の確認をしておく

事前に招待人数を確認しておきましょう。私たちは、ブライダルフェアの時点では、〇〇人くらい呼ぼうと、相当適当に考えていました。なかなか難しいかもしれませんが、ブライダルフェアにいくときから、誰がくるのかをしっかり計算し、新郎側は〇〇人、新婦側は〇〇人と決めておくことをお勧めします。なぜなら、式場にはたくさんの会場があり、人数によって会場及び披露宴(挙式)開始時間が決まっています。そして、招待客の人数や新郎新婦の希望によって(例えば、庭つきの会場など)、プランナーさんが会場を紹介してくれます。成約後も会場の変更は可能かと思いますが、すでに人気の部屋は空いていないため、日程変更をしなければならなかったり、会場が変われば、自動的に時間も変更することが多いので、気を付けてください。

 

成約時のプランナーさんが成約後も担当してくれるとは限らない

ブライダルフェアで最初に担当してくださったウエディングプランナーさんが、成約後も担当してくれるとは限りません。私たちの式場では、成約前の担当者と成約後の担当者は違うとのことでした。最初のプランナーさんがとてもいい方だったので、成約時にそれを知り、とても残念な気持ちになりました。このように、成約前と後で、担当のプランナーさんが変わることも多いと思いますので、事前に確認しておきましょう。長いお付き合いになりますし、プランナーさんとの相性は重要です。

 

挙式会場と、披露宴会場の組み合わせを確認しておく

挙式会場と、披露宴会場はセットになっていることが多いので、組み合わせを確認しておきましょう。どういうことかといいますと、挙式会場は神殿が2つ(例aとb)、チャペルが2堂(例cとd)とあったりしますが、Aの披露宴会場を使う場合は、aの神殿か、cのチャペルのどちらかしか使えないということがあります。私の場合は神前式でしたので、神殿で挙式を挙げたのですが、その神殿よりも、他の神殿の方が気に入っていました。しかし、私たちが選んだ披露宴会場では、他の神殿では挙式を挙げることはできないということだったので、挙式会場か、披露宴会場どちらを優先するかで迷いました。(結局、友人や会社の方もくる披露宴会場を優先しました。)

ブライダルフェア、成約時に確認すべきポイント(2)に続きます。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る