• 2017.5.29
  • 結婚式場の選び方のポイント(1) はコメントを受け付けていません。

結婚式場の選び方のポイント(1)

ここでは、私たちの経験をもとに結婚式場の選び方のポイントを書きたいと思います。

結婚式を挙げることになったのはいいのですが、どこの式場で挙げるかを決めるのにも一苦労でした。どうしても、私たち夫婦が住んでいるA県で式を挙げたかったため、必死でした。(詳細は、結婚式会場の場所の問題を御覧ください。)

まずは、インターネットで検索してみることに…

式場の数が多すぎてすべてをチェックするのは無理でしたし、画像だけではあまり判断できず、困りました。そこで、下記の5つの観点から式場を絞って検索してみることにしました。

挙式の種類

挙式の種類には、教会式(キリスト教式)、神前式、人前式があります。神前式はしんぜんしきと読み、人前式はじんぜんしきか、ひとまえしきと読むそうです。披露宴については、この時点では、なにも意識していませんでした。

挙式の種類を絞って、探すとよいです。

私の場合は、白無垢&打掛を着たかったので、神前式ができる式場に絞って探すことにしました。

自分たちの家の近く

私たちは自宅から30分くらいの式場を選びました。何回も式場に通うことになり、最後の方は、本当に近い式場にしてよかったと心底思いました。

結婚式当日までに、何回式場に通ったか数えてみたところ…なんと、覚えている限りで、17回も式場に通っていたのでした!

最初のブライダルフェアで1回

最終決定の前にお義母さんに確認してもらうために1回(他の式場と迷っていたため)

最終決定で披露宴会場を決める&契約書にサインするために1回

衣装選びのために2回

打ち合わせに4回

料理の試食回で2回

ヘアメイクのサロン選び&打ち合わせで2回(式場に2つ提携美容室があったため、どちらかを選ぶ必要がありました)新婦のみ

ヘアメイクリハーサルで1回(結婚式の2週間前)新婦のみ

披露宴で使用するDVD作成のために1回(動画や写真を撮りにいきました)

引き出物や演出、お花などを決めるブライダルフェアに参加するために1回

自作制作した披露宴で使用するDVD、CDを届けにいくために2回(提出期限間際になってしまったため、発送するのでは、チェックが間に合わず、直接持っていきました。また、最初に提出したものに、不具合があったため、訂正したものを持っていったため2回行っています…)

また、式場に併設するエステに通う場合や、衣装を式場内で借りる場合などは、さらに通う回数が増えると思います。私は、エステは自分で探して通い、衣装は、式場の提携店(式場内にはない)さんにお願いしました。

アクセスが良い場所

これは、親戚、友人、会社の上司、同僚のことを考え、わかりやすく、なるべくアクセスしやすい場所がいいと考えたからです。

親戚や、地元の友人はお車代がかかるのはしょうがないとしても、それ以外はなるべくお車代の出費は抑えたいと思いました。

駅から離れている場合などは、タクシー代なども結構かかってしまいます。

出席したことがない式場

やはり、せっかく結婚式を挙げるなら、自分たちが出席したことがない場所、友人とは違う場所でという思いがありました。

値段も、衣装も、なにもかもわかってしまう…料理も同じになってしまう可能性もあるし、参加する友人も微妙だと思いました。

料理がおいしい

これは、夫の両親の強い希望でした。

私たち自身も、みなさんにせっかく参加してもらうのだから、せめて美味しい料理は提供したいと思っていたので、料理が美味しいところを選ぼうと決めました。

なにか一つでも、ここは譲れない、こういう結婚式にしたい、と思いながら検索するといいと思います。
h3>最後に

上記5点を頭に入れて検索し始めると、良さそうな式場がいくつか見つかりました。

その中に、友人にお勧めしてもらった式場があったので、その式場と、他に気になった2つの式場の合計3つをピックアップし、試食付きのブライダルフェアに申し込みました。

ブライダルフェア(式場見学)については、次の記事で書いていきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る